人気の高いお歳暮|シーンごとで適したものを!喜ばれるプレゼントとは

excellent-gift

お中元とは違います~人気のお歳暮を探る~

お歳暮とお中元の違いって?

お歳暮は1年に1度年末に、1年間の感謝の気持ちを込めて贈ります。あわせて、来年も変わらないお付き合いをとの意味合いも持つものです。
対してお中元は半年間お世話になったことに対する感謝の気持ちを伝えるもので、健康でいられますようにとの願いも込められています。

もらってよかったお歳暮ランキング・ベスト5

no.1

中高年から支持の高いビールの詰め合わせ

中高年の男性に、うれしい贈り物として支持されているのがビールです。普段は好きにお酒を値段が気になって好きなものを飲めていないという方もいるので、好みの銘柄を尋ねておくのもいいでしょう。お酒を召し上がる方に、お歳暮でビールを贈ると高い確率で喜ばれるはずです。

no.2

定番のお歳暮商品ハムの詰め合わせ

お歳暮で贈られることが多く、定番の商品がハムの詰め合わせです。食品ではあるものの、日持ちをするため贈り物として最適です。ハムはお酒のつまみにもなりますし、料理をする必要もありません。お子さんも喜んで食べてくれるでしょう。

no.3

コーヒー・紅茶・ジュースなどの詰め合わせ

コーヒーや紅茶には味に好みはありますが、食べ物やお酒に比べると好みの差が出にくい商品で万人受けする贈り物だと言えます。ジュース類はお子さんのいる家庭ではとても喜ばれる商品です。ジュース類は賞味期限が長いのも良いところです。

no.4

値段も手ごろで選びやすいスイーツ

スイーツはご家族の方に喜ばれるお歳暮です。お土産でもよく選ばれているように、贈り物として無難と言えるでしょう。価格も手ごろなものが多く、商品も多種多様です。高級スイーツや、有名ショップのスイーツなど普段食べられないものは特に喜ばれるようです。

no.5

実用的で便利に使える商品券・ギフト券

品物ではありませんが、お歳暮に贈られることもあるのが商品券・ギフト券です。デパートや実店舗でも使えるものを選ぶと、使い勝手がよく喜ばれます。ただし、商品券・ギフト券は目上の方に贈るの失礼とされているので注意が必要です。

人気の高いお歳暮

風呂敷

お歳暮の価格相場とは

お歳暮の相場は、3000円から5000円が相場です。感謝の気持ちを込めたいと、あまり高いものを贈ってしまうと、相手に気を使わしてしまいます。また、お歳暮は毎年継続して贈るものなので、あまり高い品物を選ぶと自身にも負担です。それに、前年に贈ったお歳暮よりも翌年に贈る品物の金額を下げるのは、失礼に当たるとされています。このことからお歳暮を贈るときには、相手との関係を考えて金額を決定するといいでしょう。親戚や友人など、親しい間柄の人には3000円くらいの品物を送るのが無難です。会社の上司や恩師などお世話になっている方には、5000円ほどが適切でしょう。

お歳暮を頂いた時のお礼状の書き方

贈られてきたお歳暮にはお礼状で、感謝の気持ちを伝えるのが一般的なマナーです。お礼状はお歳暮をいただいた後、素早く送る必要があります。品物が届けられてから2、3日のうちには投函したいものです。封書を書くときは縦書きがマナーになるので、目上の方にお礼状を書くときは注意してください。書き方は始めに挨拶の言葉、次にお歳暮をいただいたお礼と感謝の気持ち、家族の喜んでいる様子を書きます。続いて末永くお付き合いただけるようお願いする文、さらに贈りての健康や息災を願う文章、最後に日付と、差出人の名前を記入します。電話やメールでお礼状の代わりにする方もいるとは言うものの、感謝はお礼状で伝えるとより相手に気持ちが伝わるでしょう。

お返しを贈る場合に気をつけたい事

お歳暮のお返しを贈るには、相手宅に届く日にちに気をつけましょう。お歳暮をいただくのは、12月の中旬ごろが多いです。このためお返しを贈ろうとしても、品物の用意や配送の関係で年内には間に合わない場合があります。お歳暮が年内に届きそうにない場合は、正月の松の内に間に合うように贈ることもできます。この場合は年内にお歳暮を贈れなかったことをお詫びを手紙で添えるか、電話で伝えることが礼儀作法です。くわえてのしにお歳暮ではなく、御年賀あるいは寒中御見舞と書いて贈りましょう。なお、松の内は地域によって違うので注意が必要です。

広告募集中